postheadericon 抜け毛の種類

セルフカット

抜け毛は、種類によっては注意が必要となります。
男性の頭髪は3年から5年で寿命となるのですが、寿命を迎えて抜けた頭髪は太くて長いのが通常であり、このような抜け毛は多くても特に心配する必要はありません。
しかし抜け毛に短いものや細いものが混じっている場合は寿命を迎える前に抜けてしまったという事であり、体に異変が起きている可能性があります。
抜け毛の中でこれらが占める割合が少ない場合は、特に気にする必要はありません。
しかし、大部分がこのような内容であった場合は薄毛が進行している可能性があります。

男性の薄毛の大半を占めるAGAは、抜け毛に短いものや細いものが多くなるのが症状の特徴です。
寿命を迎える前に抜け落ちてしまうのは、皮脂により成長が妨害されているからです。

AGAは男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれており、男性ホルモンが変換されて作りだされた物質が原因です。
この物質は皮脂の分泌を促進させるという働きがあり、特に生え際から頭頂部の毛根に影響を及ぼします。
皮脂により毛根が塞がれてしまうと頭髪は寿命を迎えるまで成長を続ける事が出来なくなってしまいます。

AGAに対しての治療は、原因物質の生産を防止するという事が目的となっています。
AGA治療薬は、原因物質の生産に関係している生え際から頭頂部の毛根に存在している還元酵素を阻害するという内容です。
この治療薬は頭髪に対しての作用はないので、薄毛に対してはAGA治療に限定して使用されています。

postheadericon 抜け毛の改善方法

髪をくしでとかす人

学生時代はふさふさだった髪の毛も、20代後半から30代前半にかけて急に髪の毛のコシがなくなり、抜け毛が増えてくるといった症状があらわれることがあると思います。
抜け毛を防ぐための対策として、様々な事が考えられます。

シャンプーを変えてみたり、薬用トニックを使用したり、髪の毛が生えてくる成分の入ったサプリメントを服用したりするといった方法が代表的な対策として考えられると思います。
しかし、このような方法を行っても抜け毛が改善されない場合は、AGA治療を行って抜け毛を減らし、自分の髪の毛を増やすという方法を考えてみてはいかがでしょうか。

AGAとは、遺伝や男性ホルモンの影響で髪の毛の生え際や頭頂部が薄くなってくる症状のことをいいます。そして、治療は病院で行なう事が出来ます。

postheadericon AGAの特徴

頭皮チェック

AGAの特徴として、抜け毛の原因がはっきりと特定されているといった点があります。
それは、抜け毛を進行させる酵素の影響で髪の毛が抜けていってしまうというものです。
したがって、病院でAGAであるかの診察を行ってもらい、酵素の分泌を少なくしてもらう治療を行ってもらうことで、髪の毛を増やしていくことができます。

具体的な治療方法は、病院で処方された薬を服用するといったとても簡単な方法です。
薬を服用するだけなので、どんな場所でも手軽に治療を行うことができ、時間も全くかからないです。

ぜひ、現在抜け毛に悩んでいる人は、病院でAGAの治療を行うといった方法を一度考えてみてください。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031